国産と中国産の違い 国産と中国産、どちらがよいのか、どちらを選ぶべきなのか迷われている方へ

国産畳と中国産畳で何が違うのか?

国産と中国産に関してですが、産地や製造方法によって様々ですが、見た目はほとんど違いはありません。

ただ畳表一枚に使うい草の本数が違ったり、刈り取りの時期が早いなど、いろんな要素があり、耐久性のことを考えると、国産をおすすめすることが多いのです。

焼け方も違います。中国産の場合は茶色の筋が際立ってしまうため、時間の経過でムラができやすい面があります。しかし国産の場合は、もちろん畳ですので焼けないということはありませんが、均一に焼けるため、ムラなく赤っぽくなく「味のある」雰囲気になります。

畳表になるまでの違い

畳表に加工する前にい草の選別が行われます。畳表の質を保つため、国産ではよく育たなかったものなど、等級別に選別していくのですが、国産に比べると中国産の場合はこういった選別に時間をかけていないことも少なくありません。(だからこそ安いわけですが)
そのために色ムラや耐久性の違いが出てきているのです。

check質感の違いはもちろん、経年による焼け方の違いもあります。

中国産畳国産畳

確かに国産の方が、香りもよく、耐久性も増します。
心地よい住まいのためには、出来る限り国産をおすすめしますが、もちろん、張替えが早い、例えば賃貸マンションの和室に使用するものなどには、中国産も適しています。中国産でも等級によっては、国産と遜色のないものもあります。
国産と中国産は、やはり用途に合わせて使い分けるというのが、今の主流だといえます。

国産だから良い、中国産だからダメとは、一概には言えないのではないでしょうか。

その他、様々な色や種類ありますので、お問い合わせください。

お客様への6つのお約束

問題を即解決 まずは無料相談を

  • ページの先頭へ